生活保護費詐取容疑で占師逮捕=テレビ出演で発覚−大阪府警(時事通信)

 無収入と偽り大阪市から生活保護費をだまし取ったとして、大阪府警西成署は24日、詐欺容疑で大阪市西成区南津守、占師井上時弘容疑者(62)を逮捕した。同署によると「お金が必要だった」と容疑を認めているという。
 逮捕容疑は、占いなどで得た約18万円の収入を申告せず、2008年2月、大阪市から生活保護費約18万円をだまし取った疑い。
 同署などによると、井上容疑者は09年6月、占師を紹介するテレビ番組に出演。番組を偶然見た市の担当職員が「収入があるのではないか」と気付き、同署に告訴した。
 市によると、井上容疑者は1999年11月から09年7月の間、生活保護費を受給。しかし、実際は女性誌にも取り上げられる有名占師で、同市内に店舗も構えていた。05年5月から09年7月の約4年間で1千万円を超える収入があったことが分かり、市は返還を請求。これまでに13万円が返納された。 

ビタミンDとCa摂取で糖尿病リスク低減も(医療介護CBニュース)
「長生き」誇れ 日本独自の高齢社会モデルを(産経新聞)
会社役員、巨額脱税を一部否認 大阪地裁(産経新聞)
紆余曲折の「もんじゅ」をめぐる経過(産経新聞)
中学臨時教員を逮捕=書店で盗撮容疑−埼玉県警(時事通信)
[PR]
by nm1kjo54w3 | 2010-03-02 07:16