<民事再生法違反>特定債権者のみに弁済 容疑の数人逮捕へ(毎日新聞)

 ITシステム開発会社「トランスデジタル」(東京都港区、民事再生手続き中)が経営破綻(はたん)前に、一部の債権者に優先的に債務弁済したとして、警視庁組織犯罪対策総務課は同社社長(44)ら数人を16日にも民事再生法違反(特定債権者への担保の提供等)容疑で逮捕する方針を固めた。同法は特定債権者への不公平な弁済を禁じており、捜査関係者によると、同容疑での立件は初めて。

 トランス社は08年8月に新株予約権の発行で31億円を市場から調達したと公表したが、5日後に民事再生法の適用を申請しており、警視庁は資金調達の経緯や資金の流出先を解明するとみられる。

 捜査関係者らによると、トランス社は08年8月27日に31億円の資金調達を公表。その翌日に不渡りを出し、同9月1日に民事再生法の適用を東京地裁に申請、経営破綻した。ところが、トランス社の幹部らはその直前に債権者の男性に約1億数千万円を弁済し、一般債権者に損害を与えた疑いが持たれている。

 市場関係者によると、この男性はトランス社の子会社だったこともあるワイン輸入販売会社の実質的経営者とされ、トランス社に約3億円の債務保証をしていたという。

【関連ニュース】
<民事再生法適用申請>映画製作配給会社:シネカノンが民事再生法の適用申請
<民事再生法適用申請>ゴマブックス:民事再生法の適用を申請 ケータイ小説「赤い糸」など
<民事再生法適用申請>グローバルスポーツ:再生法を申請
<民事再生法適用申請>東建設:民事再生手続き開始
質問なるほドリ:法的整理って何?=回答・山本明彦

<普天間移設>共産党書記局長が与党議員のグアム視察を批判(毎日新聞)
国会議員アンケート 外国人参政権 民主党にも反対論(産経新聞)
北海道・余市岳で一時不明の6人、無事に下山(読売新聞)
実母資金提供「邦夫氏は質問評価」と与謝野氏(読売新聞)
除雪機に巻き込まれ孫死亡=秋田(時事通信)
[PR]
by nm1kjo54w3 | 2010-02-16 14:44